プルシェンコ選手 米国代表になることを 断る

オリンピックで金メダル2個を獲得したフィギュアスケート男子のエヴゲーニー・プルシェンコ選手は、ソチ五輪の後、米国の代表選手として競技に出場するよう誘いを受けたが、断ったことを明らかにした。

 プルシェンコ選手は、2014年のソチオリンピックで新たに採用されたフィギュアスケート団体戦で金メダルを獲得した。

  プルシェンコ選手は、「ロシア新聞」のインタービューで、「米国の人々が私に接触してきた。彼らは、米国のためにスケートをしようと語った。ジョークも皮肉もなくすぐに、私たちのためにスケートを滑ろ、ロシアは君を高く評価していないと語った。もちろん私たちは米国からの話を断った」と語った。

 

*「ロシアの声」より転載 

もっと読む: プルシェンコがサンクトでトレーニングへ >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg