スパイ防止用タブレットを開発

ロシアの専門家が軍隊仕様のタブレット型コンピュータを開発した。水中でも作動し、埃にも落下の衝撃にも耐え、性能自体も他のメーカーのものに劣らないという。

 このガジェットは――開発者は「ル・パッド」と呼んでいるが――ロシアのオペレーティングシステムで作動する。ロシア通信が、中央情報・管理システム研究所の研究員、ドミトリー・ペトロフ氏の言葉として伝えた。

 「ル・パッド」の主な特長は、何重もの防御システムで、情報漏えいからも外部からの衝撃からも守られている。

 「このロシアの新タブレットは、ロシアのオペレーティングシステムで作動するだけでなく、情報を伝達するモジュールをいつでもオフにできる『賢いボタン』がついている」とペトロフ氏は説明する。

 同氏によれば、このタブレットは、水中でも、1メートルまでの水深なら、30分間駆動でき、摂氏55度の高温のもとでも大丈夫だという。また、2メートルまでの高さからの落下の衝撃に耐えられる。

 

レンタ・ルの元記事(露語)