アメリカの世界覇権は終焉

国際舞台でのアメリカの覇権は終わり、協議の席について「冷戦」の総括をする必要がある。ロシア連邦安全保障会議のエヴゲニー・ルキヤノフ副書記が、ロシア通信のインタビューでこのような意見を述べた。

 「国際舞台でのアメリカの覇権は終わりを迎えた。アメリカ政府はこれに同意しないであろうが。だが席について“冷戦”の総括をする必要がある」 

 世界の主要な国を集めたグローバル会議の開催が必要だという。「国連と国連安保理以外に、世界でこのような課題を担う他の機関は存在しない」 

 国際舞台には現在、BRICSを含む新たな勢力の中心が出現していることを強調。「ロシアも自力で立てた」とルキヤノフ副書記は述べた。