サハリンで日本兵の遺骨発見

ロシアの遺骨収集団がサハリン中部で大日本帝国軍の兵士の遺骨を発見したと、インテルファクス通信が伝えている。

 サハリン軍事・愛国遺骨収集基金「ピオネール」のイーゴリ・ゴロジャノフ理事の話によると、6月5日に日本兵の遺骨を発見したという。遺骨のわきにはゴム靴、立襟の制服のボタン、肌着、銃弾などもあった。

 遺骨と遺品は日本側に引き渡される。

 遺骨収集団はこの地域で27年捜索を行っており、これまでに日本兵314人の遺骨を発見し、すべて日本側に引き渡している。