ロシア下院ナルィシキン議長「日本が対ロ制裁を支持し残念」

現在日本を実務訪問中のロシア議会下院・国家会議のセルゲイ・ナルィシキン議長は、日本が欧米による対ロシア制裁に加わった事に遺憾の意を表した。

 ナルィシキン議長は、次のように述べた。

   「我々は、日本がある部分で、この制裁に参加した事を残念に思っている。そもそも制裁というものはすべて、実りがなく、決してその目的を達しない物である事は、歴史が示している。

   こうした制裁は、国家間の協同行動の基盤に反するもので、急速に先鋭化するウクライナ危機の調整も又ウクライナ南部・東部での特別作戦中止も、もたらさなかった。さらに制裁は、ウクライナの経済問題も解決しなかった。

   日本のように強大な国は、もっと自主的な政策をとるべきだ。ロシアと日本の協力は、他とは切り離され独立した、大変価値あるものである。ロシアは、日本との2国間協力を高く評価している。いかなる外的要素も、そのプロセスにおいて否定的な役割を果たさないよう、我々は望んでいる。」

 

*「ロシアの声」より転載