ロシアの艦船が南シナ海に出発

太平洋艦隊の艦船が大規模な中露海軍合同演習「海上協力2014」に参加するため、ウラジオストクから出港し、上海へ向かった。

 ロシア側の船団には親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」、大型対潜艦「アドミラル・パンテレエフ」 、揚陸艦「アドミラル・ネヴェリスキー」 、給油船「イリム」、駆逐艦「ブイストルイ」、曳船「カラル」が含まれる。

 演習は南シナ海で行われると考えられている。空海標的の砲撃や、海上交通路の合同防衛を行う予定。

 

BFM.ruの記事を参照。