第12回「プーチンとの直通ライン」、主要テーマはクリミアとウクライナ

プーチン大統領は17日正午、市民から寄せられるあらゆる質問に即妙に答える恒例の生放送を開始する。質問は200万通寄せられている。中から人気かつ面白いものに対して答えてゆく。

   「ウラジーミル・プーチンとの直通ライン」と題された人気プログラム。既に12回目を数える。ドミートリイ・ペスコフ大統領報道官によれば、今年のメイン・テーマはロシアとクリミアの合体とウクライナ情勢。

 例年通り、モスクワ市内のスタジオで、数十人のゲストとともに番組が進行していく。スタジオはロシア各地と中継で結ばれ、市民が直接大統領と会話できる。昨年は4時間48分の長尺となった。この記録を上回るか。

 

ロシアの声」より転載