ラヴロフ外相:ロシアはウクライナの内政に干渉せず

14日、ラヴロフ外相は記者会見の席上「ウクライナの内政に干渉する事は、ロシアの利益にそぐわない、ウクライナにロシアの特務部隊員などいない」と述べ、次のように強調した。

 「ロシアは、ウクライナに関する『西側諸国』の立場がどんなものか理解しようと努めている。我々は、米国CIAのブレナン長官が急ぎキエフ入りしたとの情報を得ている。ロシア政府は、ブレナン長官のキエフ訪問に関するホワイトハウスのコメントを、まだ受け取っていない。

   ロシアは、ウクライナにおいて平等を基盤にあらゆる政治勢力、そしてすべての地域が参加するような奥深い憲法改革を支持している。」

 

ロシアの声」より転載