ロシア機 日本海上空を飛行 航空自衛隊機が緊急発進

4日、日本の防衛省統合幕僚監部は、日本海上空をロシア軍の電子偵察機IL20が飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進したと伝えた。

  日本側のデータによれば、ロシア機は、隠岐諸島と竹島海域を通過したが、日本の領海には入らなかった。

   日本の複数のマスコミは、あらゆることから判断して、ロシアは、朝鮮民主主義人民共和国が日本海に向け弾道ミサイルを発射した後、この海域上空でのパトロール機及び電子偵察機の飛行を積極化させたものと捉えている。

 

ロシアの声」より転載