ロ中海軍 史上初の合同作戦を実施

ロシア海軍と中国海軍は史上初めてとなる合同作戦を実施し、地中海におけるシリア化学兵器輸送作戦に参加した。

 ロシア国防省がモスクワで明らかにした。  

 7日、ロシアの原子力潜水艦「ピョートル大帝」と中国の護衛艦 「ヤン・チェン」 がシリアの化学兵器を積んだデンマーク船籍「アルク・フトゥラ」号を護衛した。作戦は両国の緊密な協力により成功した。

 

「ロシアの声」より転載