ガスプロム、新潟県と共同で発電所を建設する計画

ロシアのガス大手「ガスプロム」は新潟県に火力発電所を共同建設することにつき新潟県当局と話し合いを行っている。NHKが報じた。

 県当局によれば、ガスプロム側の代表団は9日、森邦雄副知事と会談する。議題は不明。NHKによれば、両者はロシアで生産された天然ガスを燃料とする火力発電所を建設する計画だという。

   日本は2011年3月の福島第一原発事故後国内のほぼ全原発が停止、火力発電所への依存を深めている。

 

「ロシアの声」より転載