中国 スホイ戦闘機の「海賊版」製造へ

中国はロシアのSu-33をコピーした戦闘機J-15をシリーズ製造を開始した。新華社通信が報じた。

 中国軍の情報を「Russkaya Planeta」が伝えたところによれば、J-15戦闘機は空母「遼寧」に搭載される可能性がる。

 J-15はSu-33の「海賊版コピー」と呼べる。中国はかつてロシアからSu-33を2機購入しようとしたが、技術の流出を恐れたロシア側がこれを拒否した。

  中国はすでに戦闘機J-10、J-11、FC-1のシリーズ製造を行っている。それぞれSu-27、Su-30、Mig-29を模したものである。なお空母「遼寧」は現在中国が保有する唯一の空母。ウクライナがウクライナ・ロシア合意に基づき1993年に取得した未完成のソ連製空母「ワリャーグ」を1998年4月、「海上遊興施設に転用するために」中国が購入し、空母として完成させた。

 

「ロシアの声」より転載