祝、若田さん、国際宇宙ステーション行きが決定

国家委員会は22日、宇宙船「ソユーズTMA-11M」に乗り組んで11月7日に国際宇宙ステーションに向かうクルーのメンバー構成を承認した。

 クルーにはロスコスモスのミハイル・チュリン、NASAのリチャード・マストラッキオ、日本のJAXAの若田光一飛行士の3人が入った。予備人員としてはロスコスモスのマキシム・スラエフ、NASAのグレゴリー・ワイスマン、欧州宇宙局EKAのアレクサンダー・ゲルスト飛行士の3名が選ばれている。

   宇宙飛行士訓練センターでは、飛行士の準備プログラムは遂行され、最後に行われた医療委員会のメディカル・チェックでも、正式メンバー、予備飛行士ともに宇宙飛行に十分耐えうる健康状態であることが確認されている。

 

(「ロシアの声」より転載)