プーチン大統領、回教の祝日「クルバン・バイラム」に寄せて祝辞

プーチン大統領はロシアのイスラム教徒らに対し、回教の重要な祝日である「クルバン・バイラム」に寄せたお祝いのメッセージを表した。「クルバン・バイラム」は毎年、イスラム教徒らが行うメッカへの巡礼を行う翌日、ハッジの日に祝われる。

 プーチン大統領は「クルバン・バイラム」について、「イスラムの聖地への巡礼の終了を祝うこの日は、(多民族国家ロシアの)最も豊かな精神的遺産の分けがたい、重要な一部を成す」と述べ、「深い精神的意味、喜び、信仰と精神の強化を背負っており」、祝日は「イスラムの伝統が善と正義、慈悲と近しい者への配慮という永遠の価値に基づいたものであることを想起させる」と強調した。

 

(「ロシアの声」より転載)