フィギュアスケートのスミルノフが「今日明日にも手術」 サンクトの大会で右膝靭帯を断裂

フィギュアスケートで川口悠子と組んでいるロシアのアレクサンドル・スミルノフが、10月10日に行われたサンクトペテルブルクの大会で、右膝の靱帯を断裂し、近日中に手術する見込み。二人のコーチであるタマーラ・モスクヴィナ氏が伝えた。

 川口・スミルノフ組は、サンクトペテルブルクの「パーニン・メモリアル」に、今季初めて出場したが、ショートプログラムでスミルノフが転倒し、右膝の靱帯を断裂する重傷を負った。

 「ケガのため、出場予定だったグランプリ(GP)シリーズのNHK杯は欠場せざるを得ない。一両日中に手術する。今のところ、確かなことは話せない」とモスクヴィナ・コーチは語った。この発言は、ロシア・フィギュアスケート連盟の公式サイトが11日に伝えた。。 

 スミルノフ・川口組は、来年2月に迫ったソチ五輪出場を目指している。

 川口は2009年にロシア国籍を取得しており、10年バンクーバー五輪で4位に入った。2009年と2010年の世界選手権で、2年連続で3位、2010年の欧州選手権で優勝している。

 

*元記事(露語)