5億ルーブル以上 極東での被災者向け 募金集まる

ロシア第一放送では、慈善マラソン「Всем миром」が行われた。これは極東での洪水被災者を支援するためのキャンペーンで、4447に「ВМЕСТЕ」とSMSを送ることで、50ルーブルを寄付することができる。

 番組には第一放送の司会者らやミュージシャン、映画スターや芸能人、政治家、ロシア全国の市民やCIS市民らが参加した。イタルタス通信が伝えた。

   29日真夜中までには5億ルーブル以上が寄せられた。

   テレビによれば、「募金はすべて被災家族への住宅建設に充てられる。それは特別に短期間で建設され、それぞれに数家族が住むことができるほか、自前のボイラーを備えている。冬を前にしてとても重要なことだ。十分に快適性が確保されている。」という。

   第一放送自身もキャンペーンに参加しており、番組の宣伝収入も募金に加えられる。

 

「ロシアの声」より転載