チェバルクリ湖から4.8kgの隕石塊引き上げられる

ウラルの潜水夫たちがこれまでで最大のチェリャビンスク隕石の破片を回収した。4.8kgの大物だ。チェバルクリ市当局が26日発表した。

 それによれば、チェバルクリ湖の水深13mから複数の隕石片が引き上げられた。現在調査にかけられている。

   現在湖では専門家らが都合数百kgにおよぶ隕石片を引き上げるべく作業を行っている。隕石の「本体」と言うべき巨大な塊が他ならぬこのチェバルクリ湖に落ちたと考えられている。当初、それは深度13mのあたりにあると考えられていたが、いま、より深層に眠っていることが明らかになっている。

 

「ロシアの声」より転載