南クリル住民 台風の影響で断水・停電

日本から襲来した台風の影響で、南クリル住民は断水および停電を余儀なくされた。現地の気象台が明らかにした。

 豪雨によって地崩れが発生し、クナシル島の道路は断絶されている。また舗装の一部、橋梁2つが破壊された。ユジノクリリスクでは129ミリの降水があり、これは月平均降水量の80%になる。また送電線を支える支柱が2本倒れ、数棟の住宅では停電となった。現在、修理が行われている。

   現在、台風は北部に移動し、カムチャッカ方面に向かっている。南北クリル諸島では天候は回復しているが、北部では明日も強風および豪雨が予想されている。

 

「ロシアの声」より転載