日本人のユキさんが火舞祭で大賞

国際的なファイアー・パフォーマンス・フェスティバル「東の炎」が9月10〜15日、ウラジオストクで開催され、日本から参加したユキさんが大賞を受賞した。

 「今回のフェスティバルで何人かがノミネートされ、大賞と『ポイ』賞が日本のユキさんに授与された。『扇子』賞、『ダブル・スタッフ』賞、『技術』賞は極東のパフォーマーに贈られた」と関係者は説明する。

 今回のフェスティバルには、地元のウラジオストク、ナホトカ、レソザヴォツク、ハバロフスク、コムソモリスク・ナ・アムーレ、ブラゴヴェシチェンスク、ジェレズノゴルスク以外にも、フランスや日本からの参加があった。

 「フェスティバルはガラ・コンサートで閉幕。参加者がポイやスタッフ、さまざまな幾何学的形状、傘、ドラゴンスタッフ、燃える棒による炎の芸術を披露した。コンサートを締めくくったのは花火」。

 「東の炎2013」終了後、ロシアのパフォーマーはこのアジアの仲間とともに、日本へ出発した。今度は日本でジャパン・ファイヤー・フェスティバルが行われ、ロシアが参加する。

 

 *元記事(露語)