モスクワ 一昼夜で半月分の降水量

ロシア南部で発生し黒海から北へと移動したサイクロンが、ロシア欧州部中部に強い雨をもたらし、首都モスクワ及び所によってはモスクワ州では、一昼夜で半月分の降水量が記録された。ロシア連邦気象センターが伝えた。

 特に、おとといの31日と、31日から1日にかけての深夜には、降水量は42ミリにも達した。

 

(「ロシアの声」より転載)