ウラジオで国際バスケット大会

ウラジオストク市で9月7日、年次国際ストリート・バスケット杯「パシフィック・オープン2013(Pacific Open-2013)」が行われる。環太平洋地域諸国とロシアの最高のチームがウラジオストク市に集結する。

 パシフィック・オープンは2011年に始まり、モスクワの「マガジン・ストリートボール」チームが優勝した。翌年には3人制バスケットボール国際大会「FIBA3x3ワールド・ツアー」の1段階となり、アメリカ、日本、ロシア、中国、ニュージーランド、オーストラリアなどが参加したにもかかわらず、ウラジオストク市の「PSRZ」チームが優勝した。

 この大会はすでにこの地域の象徴となっている。今年はウラジオストク市の中央広場で大会が行われる。地元からはもっとも優勝経験の多い昨年の勝者、PSRZが出場。優勝賞金は50万ルーブル(約150万円)。

 これ以外にも中央広場では希望者参加型のストリート・バスケット、モトクロス自転車(BMX)大会、グラフィティ(落書き)、スケートボード大会、鉄棒男のマスター・クラス(教室)などが企画されている。

 これらすべてが沿海地方75周年記念のお祭りだ。