ウラル地方 露中対テロ合同軍事演習

ロシアのウラル地方で行なわれているロシアと中国の対テロ合同軍事演習「平和の使命2013」で、ロシア軍と中国軍が初めて仮想敵の殲滅訓練を実施する。

 これより先、演習では両軍の飛行訓練が個別に行なわれた。ロシア連邦中央軍管区の空軍と対空防衛軍司令部、そして中国・瀋陽軍管区のパイロットは、チェリャビンスク州のチェバルクリスキイー演習 場のチェリャビンスク空軍基地「シャゴール」から、合同訓練に参加するため飛び立った。訓練には、ロシア軍と中国軍の戦車部隊も参加する。

 合同軍事演習「平和の使命2013」には、兵士1500人以上、戦闘機・ヘリコプターを含むおよそ250の軍事機器が参加している。対テロ合同軍事演習は、7月27日から8月15日まで続く。

 

(「ロシアの声」より転載)