ロ中両軍のパイロット 成功裏に合同演習を実施

9日、ロシア連邦中央軍管区の空軍と対空防衛軍司令部、そして中国・瀋陽軍管区のパイロット達は、合同軍事演習「平和の使命-2013」を実施した。

 ロシアの爆撃機スホイ24Mと中国のJH-7Aは、通常弾及び誘導弾を使用して、退却する仮想的のグループを粉砕した。その際、空軍演習の副指揮官を務めたザミル・アフドゥラフマノフ大佐は、中国人民解放軍の空軍部隊の準備レベルの高さを指摘した。

   ロ中反テロ合同演習「平和の使命-2013」は、7月27日から8月15日まで、ロシア連邦チェリャビンスク州のチェバルクリスキイ演習場で行われており、演習には、1500人以上の軍人、およそ250両の軍事機器が参加している。

 

(「ロシアの声」より転載)