公共電子サービスの普及を提言

ロシアのドミトリー・メドベージェフ首相は、より効果的な国家運営のためITを活用することに関して、一連の指示をだした。

 情報通信省および経済発展省は、住民に公共電子サービスを根付かせるための提言を政府にまとめる。期限は2013年10月3日。

   11月6日、情報通信省および経済発展省は、住民の住所に関係なくサービスを提供するための提案を行い、電子署名の発行に関する提案を行うことになっている。

 

(「ロシアの声」より転載)