プーチン大統領 サハリン州への出張スタート

ウラジーミル・プーチン大統領がサハリンに到着した。現地で大統領は、軍事演習を視察するほか、地域の社会経済発展に関する協議を行う。

 到着後すぐプーチン大統領は、「サハリン1」プロジェクトの枠内でオホーツク海に建てられ、その高さがほぼ50メートルに達する掘削基地「オルラン」と回線をつないでビデオ会議を行う。

 また大統領は、16日にウスペンスコエ演習場で演習を視察、翌17日には演習の最終段階が実施される外バイカル地方のツゴル第247異種間演習場を訪れる。

 ロシア軍最高司令官である大統領は、東部軍管区の戦闘準備態勢の大規模な点検を13日に開始すると発表した。国防省のデータでは、この抜き打ち検査には、中央及び東部軍管区、太平洋艦隊、遠距離飛行隊及び軍輸送飛行隊に属す8万人以上の軍人が参加する。

 ロシア国防省は、今回の点検はソ連崩壊以後最大規模のものだと指摘している。

 

(「ロシアの声」より転載)