プーチン大統領 9月に米オバマ大統領と会談

ロシアのプーチン大統領は、米国のオバマ大統領と9月にモスクワあるいはサンクトペテルブルグで会談する用意がある。プーチン大統領が、米国の独立記念日にオバマ大統領と米国民に送った祝電の中で述べられている。ロシア大統領府報道部が4日、伝えた。

 プーチン大統領は祝電の中で、ロシアと米国には世界の安全保障や安定、地域紛争の解決、テロやその他の現代脅威などへの対策に関する責任があると指摘し、ロシアと米国には意見が異なる問題もあるものの、多くの問題に関する解決策を見つけることができるだろうとの確信を示した。

 プーチン大統領はまた、両国が互いの関心を実際に考慮し、相互尊敬を基盤として協議を行うならば、成果が得られるだろうと指摘した。

 

(「ロシアの声」より転載)