ロシア インドにTrikandフリゲート艦を引き渡す

ロスオボロンエクスポルトはインド海軍に対して、プロジェクト番号 11356 「トリカンド」フリゲート艦を引き渡す。本日、タス通信に対してロスオボロンエクスポルトのヴェチェスラフ・ダヴィデンコ報道官が明らかにした。

 ロスオボロンエクスポルトは 2006 年に結んだインドとの11356型フリゲート艦の契約を果たすことになり、ロシアとインドが共同開発したブラモスロケットが装備されている。

 ダヴィデンコ報道官はすでに2隻は 2012年4月と9月にそれぞれ引き渡されたとしている。

 ソビエト連邦およびロシアは45年にわたる軍事技術協力で、インドに対して 70 隻以上の艦艇を引き渡している。セヴマシ社では空母「ヴィクラマジチア」(旧「アドミラル・ゴルシコフ」)の試験が最終段階を迎えている。

「ロシアの声」より転載