ロスアトム ロシアの産業の発展のリーダー

IAEAのペテルブルグ会議に参加しているロシア副首相ドミートリイ・ロゴジン氏は記者会見で、「国営原子力エネルギー企業『ロスアトム』は依然として、ロシアの産業の発展のリーダー(牽引役)である」と述べた。

 「原子力技術の発展。それは、エネルギーに限った話ではなく、たとえば医学にも関わることであるし、コンピューター技術という分野においても独自の重要性をもつものである」と副首相。

 また副首相は、①ロシアの採用している原子力利用安全基準は最先端のものである、②ロシアの原子力技術は、国家防衛という課題に応えるためにも、常に発展し続ける、と述べた。

 

(「ロシアの声」より転載)