SPIEF2013 サンクトペテルブルクで今日開催

サンクトペテルブルクでは20日から3日間の予定で国際経済フォーラムがスタートする。フォーラムには外国企業190社、ロシア企業428社のトップをはじめとする3千4百人が参加登録を行っており、66カ国の公式代表団が現地入りする。

  経済成長の加速化を狙った投資の刺激、国の債務管理、グローバル金融システムの改革、エネルギー市場の順調な拡大、国際貿易の強化が主な議題としてあがっている。

 プーチン大統領はフォーラムに2日間の予定で参加し、この中で中国国務院の張高麗常務副総理(第一副首相)をはじめとする、外国の代表らとの一連の会談をもつ。

 

(「ロシアの声」より転載)