プーチン大統領 英国訪問プログラムがスタート

ウラジーミル・プーチン大統領と英国のデヴィド・キャメロン首相は、第二次世界大戦の元参戦軍人20名に、両国の国家勲章であるウシャコフ勲章と北極の星メダルを授与した。このロンドンでのセレモニーから、プーチン大統領の今回の英国訪問プログラムがスタートした。

 セレモニーでプーチン大統領は「ナチズムとの戦いにおいて貢献したすべての方々に、我々は特別の注意を持って接するよう努めている。我々は、同盟国を含め、戦いを助けたあらゆる人々にしかるべき敬意を表している」と述べた。

 一方キャメロン首相は、英国国民を代表し元参戦軍人らに感謝の言葉を述べ「まず第一に、あなた方が行った仕事は、死活的に重要なものだった。第二に、それは極めて困難かつ複雑な条件下で、巨大な損失を払ってなされた。さらに第三に、これは多分最も重要な事だが、70年が経ちついに、その功労に値する勲章を授与する事になった」と指摘した。

 北極海輸送船団は、第二次世界大戦時、北大西洋の港からソ連邦北部の港への往来を保障するため組織された貨物船と護衛船による特別の船団で、戦争の期間中全体を通じて、困難な状態な中、敵の攻撃を受けながら、ソ連の港に41の船団が到着、ソ連からは36の船団が同盟国へと向かった。

 

(「ロシアの声」より転載)