ロシアの大富豪 学者らに不老不死を注文

ロシアの大富豪であるドミトリー・イツコフ氏は、ニューヨークに世界的に有名な学者らを集め、不老不死の問題を議論させた。

 イツコフ氏は、2045年までに現実化させるための提案を示し、これによれば、人間の体の代わりに非生物的媒体をつくり、これに脳を移植するのだという。

   ニューヨークに招かれた研究者らのなかには日本のロボット研究者であるヒロシ・イシグロ氏も含まれており、遠目ではヒトと見分けのつかないようなロボットが披露された。このロボットは、うなづいたり、口を動かしたり、眉毛を動かしたり、話したり、手を動かしたりする。

 

(「ロシアの声」より転載)