プーチン大統領 「国の社会的責任の遂行を保証せよ」

プーチン大統領は政府に対し、国の経済にそぐわない外的条件があったとしても無条件で社会的責任を果たすことを保証するよう命じた。

 13日、クレムリンで大統領はこの先3年の予算教書を表したなかで、「予算システムの安定とバランス性」を保障し、国の義務を無条件で果たす必要性を語った。また企画の新たな原則をより積極的に導入し、予算分野での長期的な発展政策に移行するよう呼びかけている。大統領は、教育、科学、インフラ、社会部門の作業の質的向上、企業活動および民間投資の刺激に費やす支出の割合を拡大する必要性を挙げている。

 

(「ロシアの声」より転載)