ロシア議会下院 ホモ夫婦の養子縁組を禁ずる可能性

ロシア議会下院は来週にも国内法を改正し、同性カップルがロシア人児童を養子にすることを禁じる可能性がある。セルゲイ・ナルィシュキン下院議長が述べた。

 ナルィシュキン下院議長はフランス訪問中、フランス側に対し、「同性婚が合法化された場合ロシア側はしかるべき措置をとる。それは非伝統的な方向性の家族にロシアの児童が引き取られることを阻止するためだ」と警告した。

   ガスドゥーマは明日11日、第3回となる「未成年へのホモセクシュアル・プロパガンダを禁ずる改正法案」の審議を開く。

 

(「ロシアの声」より転載)