日本の専門家ら サハリンの文化施設建設に参加

日本の専門家らが、南サハリンに多目的文化センターを建設するプロジェクトに参加する。現地には現在、軍士官会館が建っているが、老朽化が著しい。サハリン行政当局の報道官が伝えた。

 軍士官会館の敷地内に多目的文化センターが建設され、同センター内にはサハリンフィルハーモニー、民俗芸能センター、教育センター、展示場、映画館が入居する計画である。日本の専門家らの参加について交渉が進められている。

 

(「ロシアの声」より転載)