日本の復興相 チェルノブイリ原発事故の現場を視察

日本の 根本復興 相は3日、ウクライナに出発し、チェルノブイリ原子力発電所を視察する。 復興 相は、原発事故の処理についてウクライナの専門家たちと意見交換もする予定。 リア・ノーヴォスチが2日、復興省の情報を引用して伝えた。

 日本政府は、チェルノブイリ原発事故と福島第1原発の事故には、多くの共通点があるが、異なる点も多いと指摘している。日本は、福島第1原発事故からの復興に向けて、27年前に発生したチェルノブイリ原発事故の経験について真剣に研究する意向。

 

(「ロシアの声」より転載)