モスクワの動物園でマヌルネコ祭り

モスクワの動物園で、今月23日(来週火曜)から28日まで、「マヌルネコ週間」が開催される。主役は野生の猫たち。種々のコンテスト、レクチャーの他、「クウェスト」さえ行われる。動物園の広報班が伝えた。

 マヌルネコの最初の一匹がモスクワの動物園に連れてこられたのは1957年のこと。それから長らく展示されてきたが、一時的な中断があった。2012年の冬、新たなマヌルネコたちがつれてこられた。しばらく郊外で育てられた後、動物園の仲間に加わった。

   動物園の広報班によれば、マヌルネコの知名度は年々高まっている。来観客たちは昨年10月、マヌルネコを動物園のマスコットに選出した。

 

(「ロシアの声」より転載)