日本の劇団「地点」 モスクワのゴーゴリ・センターで 

世界を舞台に活躍する日本の劇団「地点」が巡業でモスクワを訪れている。モスクワのゴーゴリ・センターで2公演、ノヴゴロドのマリ劇場で1公演を行う。初日の20日は大喝采で幕を閉じた。

 演目はシェイクスピア晩年の戯曲『コリオレイナス』。招聘を受けてロンドンのグローブ座で初演を迎えた作品だ。演出は劇団を主宰する三浦基(もとい)氏。

   ・モスクワ公演 会場:ゴーゴリ・センター

   4月20日(土)20:30

   4月21日(日)20:30

   ・ノヴゴロド公演 会場:マリ劇場 Kingfestival参加

   4月25日(木)19:00

   劇団および「ゴーゴリ・センター」ウェブサイトより

 

(「ロシアの声」より転載