ロシアには米国との関係を発展させる意欲がある

露米関係発展の障害となっているのは、米国の「訓戒調の態度」だ。ロシア外務省のリャプコフ外務次官が18日、伝えた。

 外務次官は、現在の複雑な関係は、「米国側が、ロシア社会の反応を先鋭化させた一連の非友好的な行動を承認した」ことに関連しているとの考えを伝えた。リャプコフ外務次官は、これは反ソビエト的なジャクソン=バニク修正条項を撤廃したかわりに、反ロシア的なマグニツキー法が採択されたことに関するものだと指摘した。  

 リャプコフ外務次官は、ロシアには両国関係発展に向けた米国の決意および粘り強さと同じだけの意欲と決意があると伝えた。なお外務次官は、新たな刺激が起こった場合には、毅然とした態度を示すと強調した。

 

「ロシアの声」より転載)