ロシア 北朝鮮問題について米国と積極的に協力準備ある

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と米国のトーマス・ドニロン安全保障担当大統領補佐官との会談がクレムリンで行われ、朝鮮半島情勢についても触れられた。

 ユーリー・ウシャコフ大統領補佐官は記者らに対して、ロシアと米国がこの問題で協力のための接点を見出していると語っている。

   ウシャコフ補佐官は、「北朝鮮について議論された。接点が存在し、ロシアは米国とこの問題において積極的に協力していく準備がある。」としている。

 

「ロシアの声」より転載)