ロスコスモス 2015年から月への探査機を打上げ

ロシア連邦宇宙庁(ロスコスモス)は2015年より月への学術探査機を打ち上げる計画で、さらには月面基地および天文台を設置する予定だ。本日、「ロシア24」の番組の中で、ウラジーミル・ポポフキン長官が明らかにした。

 学者らは月の北極および南極部分に水が存在すると考えており、それをはっきりとさせる必要がある。2015年から2016年にかけて、ロシアは月への飛行を開始するとポポフキン長官は語っており、月開発計画は段階的に2030年までの見通しで、「火星を含む今後の飛行に向けた基礎」を作り出すことを視野に入れているという。

   月開発は月面着陸から始まり、月軌道衛星や月面探査機、さらには月面基地および天文台の設置などが考えられているという。

 

(「ロシアの声」より転載)