ロシアは国連安保理の議長国に

ロシアは、1日から国連安全保障理事会の議長国を務める。ロシア外務省が伝えた。

 外務省によると、ロシアは、アフガニスタン情勢に主な関心を払う意向。外務省は、アフガニスタンは現在、きわめて重要な発展段階にあり、アフガニスタン国民の新たな努力および国連を中心とした国際社会からの支持を必要としていると指摘した。

 外務省によると、3月19日には、国連安保理の公開会合が開かれ、ロシアのラヴロフ外相が議長を務める予定。会合には、国連安全保障理事会理事国とアフガニスタンの外相が招かれる。

 ロシアは議長国を務める間、平和的手段による紛争解決の必要性や、国連憲章の遵守を基盤とした共同行動の強化に立脚した活動を行う意向。

 

(「ロシアの声」より転載)