ロシアの「ロスネフチ」 日本企業との協力交渉

ロシアの石油会社「ロスネフチ」のイーゴリ・セチン社長はロシアの大陸棚開発プロジェクトの参加の可能性をさぐるため、日本企業と交渉を行なう計画を明らかにした。19日インターファクス通信が交渉の行方に詳しい筋からの情報として伝えた。

ロスネフチはマガダン2やオホーツク海第3大陸棚など他の外国企業との合意が未だに図れていない新たな区画を数箇所抱えている。

 

(「ロシアの声」より転載)