プーチン ロシアのエネルギーの機密扱い及び独占を解除

 ガスプロムの輸出独占を終了するというアイデアは、プーチン大統領が注目した事により、現実味が増した。エネルギー産業に関する国家委員会の会議で、プーチン大統領は、政府にガスプロムの有利な立場を終わらせ、数ヶ月前この提案を掲げたノヴァテクのような民間企業に効率を改善し、「市場で競合相手に負ける事がないように」する案を検討するように命じた。 "

 別の声明で、大統領は、ソ連時代から続く、ロシアの天然資源とエネルギーの埋蔵量に関する情報を機密事項とする伝統を終了するよう求めた。この動きは、国際的な投資の誘致とロシア経済の透明性を高めるを広範なキャンペーンの一部である。