モスクワの自動車盗難犯ら 日本車に愛想を尽かす

2012年モスクワ市内およびモスクワ州で最も盗難被害にあった自動車のランキングが発表された。本日7日、保険会社「アリヤンス」のプレスリリースが出され、最も盗難被害にあったのはメルセデスGクラスだった。

人気度第二位だったのはセダン「レクサスLS」、第三位はクロスオーバー「メルセデスRクラス」、第四位はクロスオーバー「マツダCX-7」、第五位にはアフトワズの主力「ラーダ・プリオラ」がつけた。

2012年夏の時点では、「ホンダCR-V」がトップだった。それに続いて、「マツダ6」、「トヨタ・カムリ」、「ミツビシ・ランサー」、「ミツビシ・アウトランダーXL」、「レクサスRX」が続いていた。

 

(「ロシアの声」よ転載)