5万人以上 モスクワの凍った川で水浴

モスクワでは昨日から今日にかけての夜、神現祭(イエスの洗礼を記憶する日)に約16万5千人が参加した。凍った川に穴があけられた特別の聖水所では5万人以上が水につかった。

神現祭は、ヨルダン川でイエス・キリストが洗礼者ヨハネによって洗礼を受けたことを記憶するためのキリスト教の祭日。古代の言い伝えによれば、神現祭ではすべての水が聖水となり、いかなる穢れも洗い落とすと考えられている。

(「ロシアの声」より転載)