GUM百貨店もクリスマスムード

 いよいよお正月とクリスマスが近づいている。人々がクリスマスツリーや花輪、装飾品、イルミネーションなどで自宅を飾り始めるのは通常今頃だ。

 赤の広場に所在するロシアで最も有名な百貨店で、クリスマスシーズンのショッピングの代名詞的存在であるGUMに、巨大なモミの木が設置され、飾り付けされた。

 この木は、ボンボン、マンダリン、クリスマスボールの飾り、レトロな絵はがきやイルミネーションを用いた、1960年代のソ連で人気だったスタイルで飾り付けられた。

 伝統的な祝日の縁日がツリーの周辺で開かれ、様々な季節の贈り物、手作りのクリスマスデコレーションや古いポストカードが販売される。レトロなクリスマスデコレーションが、ソ連時代のビンテージ品の愛好家の間で好評となることは間違いない。

もっと読む:究極のロシアのクリスマスギフトガイド>>>