地方で発見されたロシアの伝統的インテリア

 ロシアの都会の住民は、前世紀のインテリアに囲まれて生活しており、これらの写真はそのような過去を描写しているのだ。

 ロシアの都会の住民は、前世紀のインテリアに囲まれて生活しており、これらの写真はそのような過去を描写しているのだ。

アナスタシア・ツァイデル
 ムツェンスクの伝統的なインテリアによって演出されるシェークスピア風の悲劇をご覧に入れよう。
 この一連の写真はオリョール州にあるムツェンスク市 (モスクワの南西311キロ) に因んで命名されたものだが、ムツェンスクと言えば、ロシア人作家ニコライ・レスコフがここで架空の世界を紡ぎ出した。
 彼女は架空の町、ムツェンスクのインテリアを写真に収めた。
 写真家のアナスタシア・ツァイデルは、3年間をかけてロシアの地方を旅行し、クルスク州の村々を訪ね歩いた。
 「私にとっての地方は、南部ロシアのインテリアが示しているように、隠されたイメージを表しているのです」。写真家のアナスタシア・ツァイデル氏はこう解説する。
 写真に写された時代を超越した対象は、通常の生活現場からそのまま取り出され、ムツェンスクと呼ばれる架空の町へと移されたものだ。
 小説『ムツェンスク郡のマクベス夫人』(1864年) で、この作家は、商人の妻カテリーナ・イズマイロヴァによって犯された恐ろしい残虐行為を物語っている。
 写真に写された実に本物らしいインテリアは、逆に非現実性を醸し出している。
 彼女は3人の人を殺害することから、それはロシアの農村という設定でのシェイクスピアの悲劇を想起させる。
 そのため、一連の写真が描写している場所は、半分フィクション、半分現実であるかのような印象を与える。
もっと読む: