トルストイのクリミアでの1年

 クリミア・ミスホル。トルストイとソフィア夫人はガスプラ近郊のミスホルの海岸にいる。

 クリミア・ミスホル。トルストイとソフィア夫人はガスプラ近郊のミスホルの海岸にいる。

タス通信
 「戦争と平和」の著者が滞在した場所
 クリミアの黒海沿岸の町ガスプラには、中世の城のようなグレーの建物がある。ロシアの有名な作家レフ・トルストイと家族は、約1年ここに滞在した。
 1901年、トルストイは重い病気をした後、静養するために、家族と一緒にここへ来た。
 トルストイ一家はクリミアに不動産を所有していなかったため、パーニン伯爵の所有する建物への招待を受け入れた。
 1901年9月8日から1902年7月26日まで、トルストイはクリミア半島に滞在していた。
 滞在中、さまざまな友人がここを訪れた。中には有名な作家チェーホフ、ゴーリキー、またコロレンコなどもいた。/アントン・チェーホフとレフ・トルストイがバルコニーで紅茶を飲む。
 早朝の散歩がトルストイの習慣だった。建物の周りの歩道、海に通じる道路などを歩いていた。
 トルストイが風邪をひき、具合が悪くなった時。医師が回復の見込みを示せないほど、病状は深刻であった。それでも、トルストイは回復し、その後8年生存した。
 トルストイはクリミアを愛した。チェーホフは手紙にこう書いている。「彼はクリミアをそれは愛している。彼の中に純粋で子供のような喜びが芽生えている」
 トルストイはここで、中編小説「ハジ・ムラート」や、多数の論文を書いた。1902年7月、ここを出発した。
 1917年のロシア革命の後、学者や優秀な労働者のための保養所が近くに建てられた。保養所は1947年から、「ヤースナヤ・ポリャーナ」と呼ばれるようになった。名称は、トルストイの生地ヤースナヤ・ポリャーナ村、その生家、トルストイ一家の邸宅からきている。
 累積で、トルストイはクリミアに2年滞在している。最初の訪問は1854年、26歳の時。クリミア戦争(1853~1856)中、ロシア軍の勤務に服していた。次は1885年。トルストイは、治療を必要としていた友人ウルソフ公爵に付き添って来た。
もっと読む: