カルムイク仏教徒の祈りの場

On the flap, hanging on a clothesline, written prayers, visitors left the natural monument of regional importance - Lone Poplars and eight Buddhist stupas

On the flap, hanging on a clothesline, written prayers, visitors left the natural monument of regional importance - Lone Poplars and eight Buddhist stupas

キリル・ブラガ撮影/ロシア通信

 8月24日、カルムイク共和国の首都エリスタ。仏教の信者たちが祈祷文を書いてかけ連ねている。ここには、1846年に仏教の僧侶が植えたポプラ、通称「一本ポプラ」がある。その周囲は、八つのストゥーパ(仏塔)に囲まれていて、信者たちが祈りを捧げる場所となっている。

もっと読む: