ロシアの競泳選手、ネコのマスクで表彰台に上れず

エフゲニー・リロフ選手

エフゲニー・リロフ選手

Giorgio Perottino/Sputnik
 東京五輪に出場し、金メダルを獲得したロシア代表競泳男子のエフゲニー・リロフ選手は、ネコの顔が描かれたマスクで表彰台に上ろうとしたが、許されなかった。

 ロシア通信によれば、リロフ選手は、「泣きたいよ。ネコのついたマスクをつけて表彰台に上ることはできないと言われて。すみませんが、ダメなんですと。でもオリンピックの組織委員会に掛け合うつもりはありません」と語った。

 リロフ選手は27日、100メートル背泳ぎで金メダルを獲得した。タイムは51.98秒で、ヨーロッパ記録を塗り替えた。ロシア人選手が競泳で金メダルを獲得するのは25年ぶり。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる